今日もテレビにて ホークス対ライオンズ を観戦。

内容から言ったら、昨日と同様の展開でした。

スポンサードリンク



初回ソフトバンクの先発東浜も西武の高橋光成も順調な立ち上がりでした。

先制したのはビジターの西武。2アウト1塁の場面で、新人源田がタイムリー3ベースヒット。

この新人は見るべきものがあります。足は早いし、守備も堅い。強いて言えばバッティングに難ありと言われていただけに、今日の3塁打には光るものを感じました。

後続の浅村もライト前ヒットと昨日に続き2点先制したのであります。

だがしかし、続く4回裏ににまたもや悪夢が・・・

2アウト満塁の場面で、昨夜の悪夢が再び蘇るとは誰も思わなかったと思います。

今日は8番ライト上林でした。追い込んでいただけに悔やまれる一投。カウント1ボール2ストライクから甘く入った球をライトスタンドへ打ち込んだのでした。4-2と一発で逆転。正に昨夜の再現でした。

ソフトバンクファンにはたまらない一発ですね。

その後は6回にまたもや上林のタイムリーを打たれ、7回には内川の内野ゴロの間に追加点を挙げる。

投げては、ソフトバンク先発の東浜が8回途中まで2失点の力投で今季3勝目を上げた。

一方敗れた西武は、先発・高橋光がリードを守れず、打線も中盤以降は全くと言っていいほど振いませんでした。

昨日今日と完敗。

昨日も書きましたが、ソフトバンクの戦力は昨年と同様に一向に落ちません。今年も優勝する戦力を維持してますね。そこに川崎宗則も戦力として加わり、この先安泰といった感じが見受けられます。

一方の西武は、ここぞと言った時にクリーンアップに回るのですが、ホームランどころかタイムリーさえ出ないと言う拙攻を露呈してしまって、なんとも頼りない印象を残してしまったような感じです。

おかわり君が絶好調であれば、満塁男と呼ばれていただけに8回表の2アウト満塁の時は同点を期待してました。

残念です。でもまだペナントレースが終わったわけではありません。

これで星取表では12勝12敗。勝率はまだ5割キープです。

明日もソフトバンク戦。相手ピッチャーはバンデンハーグとなかなか崩せるピッチャーではないだけに西武打線がどこまで食いついていけるかという感じですが、それでもこれ以上負けるわけにはいきません。ソフトバンクを倒して、最低でもAクラス入りしてもらいたいです。