さぁ 今日でゴールデンウィークも終了。
明日から仕事という方も多いのでは無いでしょうか?

今から、明日は会社や学校に行きたくないなぁとか思ってませんか?

それって、「五月病」?  「五月病」って一体何なのでしょうか?

スポンサードリンク



Wikipediaで調べてみると、新年度の4月から入学や就職等により一人暮らしになったりで新しい環境の期待や、やる気あるものの、その環境に適応できない一種の「適応障害」で「うつ病」と診断されることがあるらしいです。

要は新しい環境に慣れようとして頑張ってみたものの、なかなか馴染めずに気落ちしている状況みたいです。「五月病」という病名はなく、この五月頃に現れる症状だと言うことらしいです。

では、「五月病」の症状とはどのようなものでしょうか?
・不眠や疲労感、めまい
・胃の痛みや食欲不振
・動悸、息切れ
・他人との関わりに不安感を生じる
等で、過度の「ストレス」から逃れようとする「危険信号」だと言うことです。

このまま「ストレス」を抱えながら同じような環境に身をおいていると、「精神疾患」へと移行するとのことですので、長引くようだと、早めに医師に相談した方が良いようです。

 

予防策としては、

・完璧に物事をすることをやめる
なにもかもを完璧にこなそうとすると、それだけ「ストレス」をためることになります。たまには「まぁいいか」と思うことが大事です。

・目標設定を変更してみる
あまりにも高い目標だとそれ自体が「ストレス」になります。あまり高い目標ではなく、少し頑張れば達成できるような目標に変更してみてはいかがでしょうか?
・運動で「ストレス」を発散する
軽いジョキングなどで運動するで、「思いつめる」と言う気持ちを他の行動をすることにより「ストレス」を発散することになります。また、「有酸素運動」を行うことにより、脳内のセロトニンの働きを活発化させることになり落ち込む気持ちが解消されることにもなります。
・悩みをうちに秘めない
悩みを自分のうちに溜め込むとそれが「ストレス」になります。そうならないように悩みを親しい人に聞いてもらうだけでも、「ストレス」の軽減になります。

・生活習慣を正しくしましょう。
特に、「早寝早起き」を心がけましょう。太陽光はセロトニンの分泌を促しますので、それだけでも気分が爽快になります。

・セロトニンを摂取する。
セロトニンが含まれている大豆やバナナ・乳製品を多く摂取することによりセロトニン不足を解消しましょう。