夏になるとどうしても暑さから夏バテになってしまい、食欲が減ってしまったり、食事の内容が偏ったり時間も不規則になったりしてしまいます。
このような生活を続けると夏バテは更に悪化をし、夏風邪や体調不良などで寝込んでしまう事も考えられます。

スポンサードリンク



基本的な夏バテ対策は、適度な冷房の利用と適切な食事、水分の補給が最も重要になります。いくら暑いからといって、日中ずっと冷房で身体を冷やしていると冷房病と言われるような症状になりますので、食事の時に室温を下げるようにして食欲を増すようにする、設定温度を高めに設定してあまり室温を下げ過ぎないようにするなどの工夫をして、夏バテ対策をする事が基本になります。

更に、大切な事は脱水症状を防ぐために水分をこまめに摂取する事です。暑い時には炭酸飲料などを一気に飲みたくなるのもわかりますが、常にそのような水分補給をしていては確実に体力を失う事になります。
スポーツドリンクなどを冷やしすぎないようにして少しずつ補給をしていく事が最も身体にとって効率の良い水分補給のやり方になります。
実際に喉が渇いてから水分補給をする人もいますが、喉が渇いている時点で脱水症状は始まっています。従って、定期的に少量の水分補給をして対策をするのが最も効果的な夏バテ予防につながります。