今日は暑かったですね。

ところで、そろそろ衣替えをやんなきゃって時期ですね。

日本って四季があり、季節が変われば、これまでも衣類や持ち物を替えて来ました。特に、冬から夏に変わる時、あるいは夏から冬に変わる時に「衣替え」といいます。学校の制服などは、6月1日と10月1日が「衣替え」の日となっており、その前後1~2週間を中間服とか言って移行期みたいな習慣になってます。これには、昔からの風習や衣類の歴史が大きいです。

スポンサードリンク



実は、昔中国の宮廷で、旧暦の4月1日と10月1日に服を入れ替えてた由来があります。
日本へ伝来されたのは、平安時代頃と言われ、室町から江戸時代には、四季折々に合わせて、衣服を替えるという習慣になってきました。
伝来された頃は、貴族社会だけの習慣で、年に2回、夏と冬に裝束を入れ替えるだけだったようですが、江戸時代になり、武家社会となれば年に4回となり、着るものも定められていたようでした。

明治維新になり新暦が採用される用になると、夏服は6月1日~9月30日、冬服が10月1日~5月31日と定められ、制服のある学校や会社などは、現在もこの日をめどに「衣替え」を行っているようです。

和服の世界では、この「衣替え」という「しきたり」が今も重要視されてます。
「袷(あわせ)」、「単衣(ひとえ)」、「薄物(うすもの)」などはそれぞれ着る時期が定められています。

「袷」は、10月から冬を過ぎて5月末までの着物です。
6月には「単衣」となり、7月~8月の暑い季節には「薄物」、そして9月には再び「単衣」に戻り、10月は「袷」に戻るようになっています。

着物の場合、四季折々にふさわしい柄を揃える風調があります。
冬には「枯山水」、「椿」や「南天」、それから「梅」で春を待ちようになり、初春には「芽吹き」になり、それから「蝶」、「桜」。夏は「藤」や「あやめ」、秋には「菊」や「萩」、「もみじ」、「月」などの季節柄にするようになりました。

  • 衣類の手入れ「虫干し」

「衣替え」に箪笥等に仕舞う前に、天気の良い空気の乾いた日に陰干しをしてました。これは「虫干し」と呼ばれ、虫やカビを防ぐます。

  • 衣類の洗濯

現在では、水で洗えるものは「洗濯機」を使い、洗えないものは「虫干し」や「ドライクリーニング」で、しっかり洗った上でしまいましょう。
これは「シミ」や「汚れ」が残っていると、カビや虫食いの原因になるからです。

  • 衣類をしまう

昔からある桐のタンスや衣装箱等は、衣類には最適です。これは桐が温度・湿度を適度に調節してくれるからです。また、虫等がつきにくくなります。桐のものがない場合は、炭シートや新聞紙を中敷して虫食いを防止をしましょう。衣類に合わせて防虫剤を入れることも重要です。
最近は冷暖房完備で、特に「衣替え」をしない方たちも増えているようです。ファストファッションも増えてきており、シーズン終了で衣類を処分してしまう傾向も増えてきてるようです。

「衣替え」は、単に夏服と冬服の入れ替えするだけでなく、衣類の虫食いやほつれなどをチェックするよいタイミングでもあります。

「衣替え」で季節や歴史を感じるいい機会です。
次の季節に思いを馳せながら作業してみるのも良いのでは無いでしょうか。