ゴールデンウィークも終わり、日常生活に戻った頃だと思いますが、今日は日差しが暑いですね。これから夏に向けて「紫外線」が多い季節になってきますね。
ところで、「今年の夏は肌を焼きたくない」って思ってる方多いのでは無いでしょうか?

「紫外線」は、健康な肌の大敵であります。

スポンサードリンク



いつまでも若々しい健康な肌を保ちたい方は、「紫外線」対策を日頃から行うことが必要ですね。

この「紫外線」から大切な肌を保つための対策です。

  • 紫外線対策
    基本、「紫外線」の対策は、通年で必要です。
    それは、紫外線が年中降り注いでいるからです。

「紫外線量」が1番多いのはこの「5月」と言われてますがですが、真冬でも半分から3分の1が降り注いでいるそうです。

肌を晒していると、冬でも日焼けをするということです。
ですので、年間を通して「紫外線」対策は必要であるといえます。

  • 紫外線対策には「日焼け止め」?

「紫外線」対策をするうえでは、肌を晒さないことが第一条件ですが、これからの季節はそうも言ってられないので必需品として「日焼け止め」は欠かすことができないですね。

「日焼け止め」は、使用感等も様々で選択肢が多いため、ご自分の肌や目的に合ったものを選びましょう。

  • 「日焼け止め」の選び方

「日焼け止め」は、使用条件やTPOに合わせてSPF・PAの数値で選びましょう。
SPF・PAと言う数値は、高ければ高いほど「紫外線」の影響を受けにくくなります。
真夏の砂浜等レジャーで使う場合と、通常の「通勤・通学」で使う場合とでは、それに適応した「SPF・PA」の数値が変わります。使う場面やその時の肌の状態を考えて選ぶようにしましょう。

■SPFとは?

SPF(Sun Protection Factor)値は、「紫外線」の一種の「UV-B」を防ぐ力の大きさを表します。

これは、何も対策をおこなわない状態に比べて日光が当たったときにどれほど肌が赤くなるかの時間を、対策することによりそれを何倍に引き延ばせるかを数値にしたものです。
■PAとは?

PA(Protection grade of UV-A)値は、「紫外線」の一種「UV-A」を防ぐ力の大きさを表します。

これは、何も対策をおこなわない状態に比べ日光に当たったときに肌が黒くなるまでの時間をどれだけ延ばせるかを4つに分類して表示してます。

PA+~PA++++までの4段階があり、+が多いほどUV-Aを防ぐことを意味してます。

 

  • 「日焼け止め」の使い方ワンポイント

■「日焼け止め」は年間通じて使用すること。

「紫外線」対策の日焼け止めは、先述したように「紫外線」年間を通じてフル注いでいますので、年間通じて使用したほうが良いです。

少なくとも、SPF・PAの表示がされているファンデーションとか化粧下地を使用して、「紫外線」から健康な肌を守りましょう。

■「日焼け止め」はすぐに落ちる

「紫外線」から肌を守るためには、日光に晒す時間にもよりますが、「日焼け止め」が落ちるため数回の塗り直しが必要となってきます。

特に夏場は、汗をかくことで流れてしまいます。

汗に強いウォータープルーフでも1日1~2回は塗り直し、通常のものであれば2,3時間毎に塗り直しして大切な肌を保護しましょう。

○「紫外線」対策には「UV加工アイテム」を

「紫外線」対策には、肌を物理的に紫外線から守るものを着用したほうがよいでしょう。

例え、肌を露出してなくても、「紫外線」の影響を受けてしまうこともあるようです。

最近ではUV加工の衣料品やグッズが販売されています。

◎日傘

紫外線対策用
「日傘」は、「紫外線」対策アイテムの中でも定番ですね。
最近では、男性にも増えているようですよ。

黒などの暗めのカラーはより日射しを通しです。

日傘のUV加工は薄れていくとのことですので、3年位で買い替えたり、日頃からUV加工スプレーを使ったりするのもよいですね。

◎帽子

昔からあるアイテムのひとつですが、帽子も、「紫外線」対策にはおすすめできます。

なるべくつばの広いものを選び、顔等に直接日差しが入らないようにしましょう。
◎サングラス

こちらも定番のアイテムです。サングラスは、「UV加工」されたものであれば、目を保護すると同時に目の周りの皮膚を「紫外線」から物理的に保護することが期待できます。

「紫外線」対策をするのであれば、UV加工のレンズであるかどうかは必ずチェックするようにしましょう。

◎衣類

「紫外線」対策でUV加工されたカーディガンやストール等があると、とても便利ですね。

もし、一日焼け止めを塗り忘れても、それを羽織るだけで紫外線を少しでもしのぐことができます。

  • まとめ

「紫外線」対策を怠ると、知らず知らずのうちにシミやそばかすとなります。

これから夏に向けて、肌を露出する機会が増えますので、しっかりと紫外線対策を行い、大切な肌を保護しましょう。