冷房は夏の暑さを乗り越えるために役立ちますが、強すぎる冷房は時として冬場以上の冷えを引き起こします。強い冷房によって自律神経が乱れ、倦怠感や肩こり、頭痛と言った症状を引き起こすのが冷房病です。オフィスや営業車での外回りをしている人に多い症状で、特に女性がなりやすいと言われています。

 
スポンサードリンク




 

冷房病の原因は自律神経の乱れです。自律神経は人間の様々な機能を司っています。体温調節もその一つ。冷え切った室内と炎天下の室外を行き来すると、その温度差で自律神経が混乱し、体温調節が上手くできなくなってしまうのです。

冷房病は夏場に限ったことではありません。ひどくなると慢性化してしまい、少し冷房に当たっただけで症状が出るようになってしまうこともあるのです。これを避けるためには、しっかりとした対策を行うことが重要になります。

一番の対策は冷房の効きすぎを防ぐことです。設定温度を上げて、室内と室外の気温差を小さくしましょう。しかし他の人への影響もあるので、なかなか自分の都合だけで設定温度を上げられない、という人も多くいます。そんなときは靴下や羽織もの、ひざ掛けなどを使って上手に冷えを予防しましょう。また生活の見直しも重要です。朝ご飯を抜くと体が冷えやすくなるので、夏場こそしっかりとした朝食を。また、入浴もシャワーだけで済まさず、湯船に浸かって体を温めるようにしましょう。