夏バテ対策をしっかりとすることで、暑い夏を乗り切りたいと考える人は多いのではないでしょうか。

夏になると気をつけなければならないのが熱中症です。極力外出することは避け、エアコンや扇風機などを適切に使うことが大切です。

 

スポンサードリンク



 

水分補給も重要ですが、水分と同時に塩分も摂るようにしましょう。血液中の塩分の濃度を一定以上に保っておくことも大切なことです。

あまり水ばかり飲んでしまうと塩分濃度が薄まってしまうので注意すべきです。いわゆる夏バテにもつながる危険性があります。

また、エアコンの設定温度を過度に下げないこともポイントです。特に夜間は気をつけましょう。タイマーを上手く活用するなどして冷え過ぎを防ぎ、夏風邪などに罹らないようにしてください。

夏を乗り切るためには食事も大事です。ビタミンB1やアリシン、クエン酸などの疲労回復効果がある成分を多く含んだ食材を摂り入れることに努めましょう。

具体的にビタミンB1を含むのはウナギや豚肉、ブリなどが挙げられます。ブドウ糖をエネルギーに変える働きがあるビタミンB1は積極的に摂り入れたいものです。

万一、不足すれば夏バテを引き起こしやすくなります。他にもアリシンを含んだニンニクやニラ、クエン酸を含むレモンなどもお勧めです。