気温も上がり、なんとなく開放的な気分なる夏。

楽しみな反面、毎年夏になると食欲が落ちたり倦怠感に襲われたりなど、夏バテに悩まされるという人も多いのではないでしょうか。

ですが、夏バテはそれなりの対策をすればある程度防ぐことができるのです。

 
スポンサードリンク




 

そもそも夏バテは、自律神経の乱れが原因になっていると言われています。夏は外の暑い温度の中で過ごすこともあれば、冷房の効いた涼しい空間で過ごすこともあったりと温度差の変化が激しいため、それが自律神経の働きに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

自律神経を整え、夏バテを予防するために重要なのは日々の食事です。肉類や魚類などのタンパク質に加え、野菜や果物などで不足しているビタミンを補うことも大切です。夏はつい食事を簡単に済ませてしまったり、冷たいものばかりに偏りがちですが、夏こそ栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。さらに夏バテ対策には良質な睡眠も欠かせません。エアコンなどで快適な睡眠環境を作り、夜更かしをしないようにするのも効果的です。

 

夏風邪予防にも食事や睡眠は大きく影響しますが、汗をかいた後をどう過ごすかも大きな鍵を握っています。汗をかいたまま冷房のきいた空間に入ってしまうと体が急激に冷え、風邪の原因になってしまうので、汗をかいたらなるべくタオルなどでふき取るようにするとよいでしょう。