室外と室内の温度差が原因で自律神経が乱れ、体調が悪くなることを冷房病といいます。夏場は室内は冷房が効いていて涼しいですが、外に出ると暑いため冷房病にかかりやすいのです。

スポンサードリンク



冷房病の症状は頭痛や肩こり、腰痛や腹痛などの痛みを伴うもの、食欲不振や不眠症、むくみなど様々です。これらの症状は、温度差に体がついていけないことが原因で起こります。そのため、温度差を感じないように対策をする必要があるのです。
まずは、冷房の温度設定を低くし過ぎないことです。冷房が効き過ぎていると体が冷えてしまうため、暑くても高めの温度設定を心掛けるようにしましょう。

しかし職場や店内だと、冷房の設定を変えることが難しい場合もあります。そのようなときは、ストールやはおりものを肩や膝にかける対策方法もあります。

肩を温めることで頭痛や肩こりの症状を軽減させることが出来ます。また、足元を温めることは全身を温めることにもつながるので、ブランケットなどを活用するとよいでしょう。

その他にも厚手の靴下を履いたり、腹巻をつけたりすることも冷房病の対策には効果的です。靴下や腹巻なら、ブランケットなどを使えない状況でも問題ありません。また冷たい飲み物ではなく、常温の飲み物を飲んで体を内側から冷やさないことも大切です。