ゴールデンウィークも終わり、通常の業務進行で、なんとなくホッとしているんですが、

昨晩は、気温が高く、寝苦しい夜でした。

そこで、寝付けぬ夜はどうしたもんだろうとネット検索してみたら、

「寝る前におすすめココア」なるものをみつけてしまいました。

スポンサードリンク



 

えっ!眠気覚ましに「コーヒー」とかはわかるのですが、寝る前に「ココア」?と疑問に思ったので、ちょっと調べてみました。

そもそも「ココア」はどんな効能があるのでしょうか?

「ココア」には美容と健康に大変良いとされています。

それは、原料が「カカオ」で、「カカオ」には豊富な「ポリフェノール」が含有されているからだそうです。

この「ポリフェノール」は活性酸素の抑制や抗菌作用、貧血予防、はたまた虫歯菌の抑制と人間にとっていいこと尽くめなんですね。

また、「カカオ」に含まれている「テオブロミン」と言われる物質も、「ストレス」を軽減することが出来るということで、そのための「チョコレート」開発なんかも最近は行われてます。

この「ポリフェノール」と「テオブロミン」を一緒に摂取することで、心身の緊張等をほぐし、「ストレス」解消へと向かい、リラックスすることができ睡眠へと誘うことが出来るようです。

また、血管の拡張作用もあるようで、女性の大敵「冷え性」なんかにも効果があるそうです。

ところで、「コーヒー」とか含まれる「カフェイン」は「ココア」には含まれてないのでしょうか?

「カフェイン」の含有量は「コーヒー」の約半分、150mlに対して50mgしか入ってません。

ですので、「ココア」1杯であれば、「コーヒー」1杯ほど影響がなく、心配するほどではないといえます。

むしろリラックス効果が上回り、ゆっくり寝床に入ることができるようになり、ぐっすり眠れるということなので、眠症不足の方には一度お試ししてみては如何でしょうか?