今朝のニュースで知ったのですが、生の魚を食べるとアニサキス症と言う食中毒となることがあると報じられてました。

アニサキス? あまり馴染みのない言葉ですね。

スポンサードリンク



調べてみると、アニサキスの成虫はクジラやイルカ等の海洋の哺乳類に寄生する寄生虫で、その幼虫がサバやイカに寄生するとのこと。この寄生された魚介類を生やそれに近い状態で食べると、アニサキスが胃や腸に侵入し、胃腸炎を起こすらしいです。アニサキスは寄生した魚介類を食べてから数時間以内に腹痛を生じ、吐き気や嘔吐を伴うとのこと。

アニキエスの幼虫は、長さ数センチで、幅1mm程の白い糸状の生物で、肉眼でも確認することが出来るようです。通常は魚介類の内蔵に寄生することが多いようですが、魚が死ぬことにより、魚の身の部分(主に食する部分)に移動することが知られています。鮮度の落ちた魚は、その身の部分にアニサキスが移動している可能性が高いため、鮮度の高い物を選ぶようにしましょう。

このアニサキスによる食中毒ですが、実際に罹った場合は、先述したように尋常ではない痛みを伴うため、何らかの処置が必要とされます。特にアレルギー体質の方はアナフィラキシーショックを起こすこともありますので注意が必要です。ただ、アニキエスは人間の体では、寄生・繁殖することはできず、1週間ほどで死滅します。ですので、痛みを伴わない場合は、ほっといても大丈夫なようです。

体内に侵入したアニキエスの幼虫に市販で有効な駆除方法が現時点は無いようです(正露丸が効くようなことが書かれてるブログもあります。特許等の提出もされてますから特効薬になるかもしれません)。通常は医療機関で受診されて、内視鏡でアニキエスの幼虫を確認して摘出することしか無いようです。

このアニサキスは熱に弱く、加熱処理さえすれば死滅するようです。また、冷凍保存していれば感染生が失われるそうですので、焼き魚にしたり、煮魚にして食するか、生の場合は鮮度の高いうちに内蔵を取り除き、アニキエスが身の方へ移動する前に調理してしまうか、-20℃以下で24時間以上の冷凍したものを選ぶと良いでしょう。

予防法としては、生の魚を食べないことが一番ですが、この日本において刺し身やお寿司を食べない事はありえませんね。

また、一説によると、良く噛むことでアニサキスをグダグダにしてしまうと感染することは無いようです。

いずれにしても、感染することは怖いですね。日頃から気をつけるようにしていきたいです。

参考にしてもらえれば、ありがたいです。