以前からメデアで多く取り上げられてる「ふるさと納税」ですが、意外と知られてないことも多いです。

よく「節税対策」にとか、「返礼品が豪華」とかでとりあげられていますが、それではどこまでやれば節税効果があるのか?ふと疑問に思ったのです。

 

スポンサードリンク



まず、ふるさと納税の仕組みから調べてみると、

普通、自分が住んでいる市(町)が住民税を課税します。

ところが自分のふるさとや他の場所でも好きなところへ寄附をすると、その自分の住んでいる住民税の軽減ができると言うものです。

具体的にある「ふるさと納税」の返礼品が気になるということで、10,000円寄付したとすると、返礼品が届き、翌年の住民税が8,000円分が控除されてるというものです。

当然ですが、年収によって住民税が異なります。では、その住民税以上の寄附をするとどうなるのでしょうか?

住民税以上の寄附をすると、普通に寄附をしただけで、それ以上の控除は受けられません。寄附と同時に送られてくる返礼品で満足することになります。

確かに、「返礼品」を目的として、その地域に「寄附」をするのであれば問題無いのですが、住民税の控除目的とすると、無駄に「寄附」をしたことになります。

年収600万円のご家庭で、ふるさと納税をしないと6万5000円の住民税が次年度にかかってきます。その分6万5000円分をふるさと納税すると、6万3000円分が先払いされたことになり、次年度の住民税から差し引かれることになります(還付金として現金で戻ってくることはありません)。

また、「ふるさと納税」する時期ですが、「ふるさと納税」をしたからと言ってすぐに「返礼品」が送ってくるとも限りません。それは各自治体の判断になりますが、特産品などになると採れる時季が重なることもあり、へたすると同じ時季に同じようなものが重なることもあります。そのあたりは各自治体のホームページなどで調べてから実行して方が良さそうです。

また、最近話題になってますが、

東京の住民税が地方に回っており、東京の税収が落ち込んでいるとか、

「返礼品」の上限が寄付額の3割までに規制なっって、「返礼品」を市町村に納品している業者は売上減になりそうだとか、

「返礼品」をオークションなどのでの転売があり、「金券」等の規制をかけるとか、

まだまだこの「ふるさと納税」については改善の余地はあるようですが、

各自治体が頑張って知恵をだしていることだと思います。

みなさんもいろんな情報を確認して「ふるさと納税」を実行してみるのも良いのでは無いでしょうか?